業務で使える社内SE小ネタ

【対処法】Window10が重い 【5つの方法】



※20190611現在 下記は一部陳腐化し始めています。まだ環境によっては有効です。
 1903のアップデートでいろいろ変わってきています。

Window10がカクカクと重いとき、試すべき5つの方法をまとめました。

① 「WindowsUpdate」を行う
② 「配信の最適化」を行う
③ 「プライバシーの設定」を行う
④ 「システムの構成(msconfig)」を行う
⑤ 「ディスクのクリーンアップ」を行う。

上記順番がベストです。なぜなら、WindowsUpdateが完了したタイミングでWindwos推奨の設定(これが重い)に戻っている可能性があるからです。

① WindowsUpdate を行う

  1. Windowマークを押下する
  2. 設定を押下する
  3. 更新とセキュリティを押下する
  4. WindowsUpdateを押下する
  5. 更新プログラムのチェックを押下する

②「配信の最適化」を行う

  1. 「Windowマーク」を押下する。
  2. 「設定」を押下する。
  3. 「更新とセキュリティ」を押下する。
  4. 「WindowsUpdate」を押下する。
  5. 「詳細オプション」を押下する。
  6. 「配信の最適化」を押下する。
  7. 「他のPCからダウンロードを許可する」を押下し「オフ」にする。

悪魔の所業。これで異常に重くなる端末が出てくる。

③ 「プライバシーの設定」を行う

  1. 「Windowマーク」を押下する。
  2. 「設定」を押下する。
  3. 「プライバシー」を押下する。
  4. Windowsのアクセス許可 → すべてオフにする。
  5. アプリのアクセス許可 → すべてオフにする。

④ 「システムの構成(msconfig)」を行う

  1. 「Windowマーク」を右クリックする。
  2. 「ファイル名を指定して実行」を押下する。
  3. 「msconfig」と入力し、「OK」を押下する
  4. 「サービス」タブ→「Microsoftのサービスをすべて隠す」のチェックボックスを選択する。
  5. 必要ないサービスを無効にする。
  6. 「スタートアップ」タブ→タスクマネージャーを開くを押下する
  7. 「スタートアップ」タブを選択する。
  8. 必要ないサービスを無効にする。

③「ディスクのクリーンアップ」を行う。

  1. 「Windowマーク」を押下する。
  2. 「Windows管理ツール」→「ディスクのクリーンアップ」を押下する。
  3. ドライブを選択する
  4. システムファイルのクリーンアップを選択する
  5. ドライブを選択する
  6. 消したい項目を選択し、OKを選択する。 ※以前のWindowsのインストール、Windowsアプデートで40GB近く削減できる場合あり。

以上。